DIYで意外に難しいのは塗りの作業。冬場は夏の倍の4時間乾燥にかかる

先日からDIYで棚を作っているのですが、ようやく組みあがり後は塗装だけという事で、昨日から塗装を始めました。材料を切る作業、組む作業もかなり大変ではあるのですが、意外に時間がかかるのが塗りの作業です。

特に冬場気温が低いこともあり、待つ時間がかなりかかってしまいます。いつもはオイルステインなどを使っているのですが、今回は少し耐久性も欲しかったので、油性の着色ニスを使ってみることにしました。

この着色ニスが厄介ものでした。通常の塗料や、オイルステインなどは結構伸びてくれるので塗りやすいのですが、ニス入りだからなのか塗料が伸びてくれません。下地処理をすればまた違うのかもしれませんが、非常に塗りにくいのです。

1日目にまず1回塗りを行って、一旦休憩。翌日仕事終わりに2回目を塗りました。夏場であれば、乾きもはやく塗料のビンには2時間程度と書かれていましたが、冬場は倍の4時間乾燥するのにかかります。4時間何もしないで待っているわけにもいかないし、翌朝早起きして塗るのも大変なので2回塗りで2日間もかかってしまいました。

切って組むのは1日だったので、倍の日数を要してしまいました。本当はもう1回くらい塗っておいた方がいいのかもしれませんが、あまり長くなると作る気力が萎えてくるので、今回はこれで終了し、一晩寝かせて明日仕上げをしたいと思います。

素人が作ったので寸法が若干違ったり、少しがたついたりするのはご愛嬌です。他の人にはちょっと遠目から見てもらう事にして今回は良しとしたいと思います。

保存