最近実践しているミニマリストという生き方

私が最近興味を持ち実践しようと心がけているのがミニマリストという生き方です。このミニマリストとは最小限のモノで身軽に生きる事を指す言葉で、現代社会ってあれば便利だけど実際にはなくても生活できるものというのが非常に多いように思います。

勿論私の場合はさほど本格的に自給自足の生活を目指している訳ではないので冷蔵庫とか電子レンジといった文明の利器は勿論使います。だけどパソコンがあるならテレビはなくても問題ないとか、炊飯器は蓋付のフライパンがあればご飯は炊けるよねといった感じで徐々に不要なモノは減らしている所です。

そして不要なモノを捨ててしまえば、その分空間はスッキリしますし、整理整頓も簡単になるのでとってもラクなんです。着ない服とかも改めて見ると意外と多くてそれらを処分しただけでクローゼットもキレイになり、服が見やすくなりました。

あと私は本が好きで好きな作家さんの本は集めていたのですが実際に読み返すことって実はほとんどなかったりします。なのでどうしても新刊で読みたいものは購入し読み終わったらブックオフに売る、待てるものは図書館を利用するようになりました。その方が経済的だし今まで本棚がズラリとあった空間も広々としました。

本って一般家庭で保管すると図書館などの湿度や温度が管理されている空間と違い劣化が激しいんですよね。10年程で黄ばんでしまうし20年前の本はもう読む気にもなれない程茶色くなってしまいます。だから本は家には置かないことにしました。

保存